今回の旅行の最後のお店は、「はふう 御所南店」です。
肉の卸業者が運営しているお店は、牛肉料理が名物。
なかでも、一度見ると忘れられない「ビフカツ」をどうしても食べてみたいと思い、はふうへと行って来ました。


三条駅から歩くこと15分程度。
はふう 御所南店周辺です。
sDSC09042


本店が休みだったので、御所南店へ。
スタイリッシュな建物が印象的です。
sDSC09008 (2)

なかなかランチとしては立派な値段です。
sDSC09010


シルバーウィーク最終日。
気になる混雑具合ですが
12時10分到着 2組の客待ち およそ5分ぐらいで席に着く事ができました。しかし、その20分後ぐらい。12時30分には 10組以上の待ちとどんどん待ち人が増えていきます。訪れるなら12時前がいいようです。
sDSC09011
sDSC09014 (2)


メニュー
今回は 特選ビフカツを注文。特選と極上があるみたいですが、その差は牛肉の質の差。さすがに極上の4200円は高いと感じ、特選ビフカツ2990円を注文しました。
sDSC09016 (2)


特選ビフカツ 2990円
なんともいえない火の入れ方が特徴的なビフカツです。一緒にサラダ、切り干し大根、御飯などがついてきます。そうそう、この赤色のお肉が見たかったのです。
sDSC09018

肉はレアの様に見えますが、しっかりと火が入っています。
sDSC09019 (2)

肉汁もたっぷりです。味は、いいデミグラスソースを使い、基本に忠実なビフカツ。肉は思ったほど感銘を受けるものではなかったですが、十分美味しいです。デミグラスソースが好きな人にはとってもいいと思います。
sDSC09022


家へのお土産にハヤシライスルー(1.5人前1600円ぐらい)を注文。
たっぷりの玉ねぎに牛肉。こちらは家族にとっても好評でした。
sDSC09045


(感想)
特選ビフカツとハヤシライスルーを注文して4600円ぐらい。
ビジュアル完璧なビフカツは、本物の洋食屋さんの味。パリパリの衣とレア気味なお肉の相性がとっても良かったです。極上となるとどうなるのでしょうか?興味はあります。
京都にある本物の洋食屋さん「はふう」。京都行った際どうでしょうか?




はふう 御所南店
TEL 075-254-2884
定休日 火曜日(本店水曜日定休日)
11:30~13:30(L.O)
17:30~21:30(L.O)
京都府京都市中京区夷川通富小路西入ル俵屋町303
スポンサードリンク