柳川に戻り、ちょっと柳川を散策。
柳川というと、お堀を張り巡らせた城下町。お堀巡り(川下り)はとても風情があるものです。
ただ、柳川駅から観光スポットである御花までは、直線距離でも2kmぐらい。バスは30分間隔なので、ちょっと不便さを感じました。
名所は、北原白秋の生家とお堀だと思います。
m-DSC01372
m-DSC01370

m-DSC01381
m-DSC01388
m-DSC01384

柳川で北原白秋の生家を見た後は、
やながわ名物である、うなぎのせいろ蒸しをいただきに、「若松屋」へと行ってきました。



うなぎのせいろ蒸し
柳川の郷土料理で、たれを絡めて味付けしたごはんの上に、ウナギ、錦糸玉子をのせて、せいろで蒸します。ウナギがせいろで蒸す事でふんわりとし、旨味がごはんにしみこみ、とても美味しいのです。
数あるうなぎのせいろ蒸しのお店の中でも、評判のいい「若松屋」へと行ってきました。

若松屋
安政年間創業のウナギ料理の老舗です。どんこ舟がうかぶ水路の近くにあり、柳川らしいお店です。


m-DSC01391
m-DSC01392
m-DSC01402



メニュー
上せいろ蒸し2865円と関東ウナギ価格を考えると、リーズナブルです。
関東が高すぎる様な気もしますが。。。

m-DSC01395


上せいろ蒸し
赤い容器にはいってでてきます。
ごはんと一緒に蒸されたウナギと錦糸卵、甘味のあるたれ、ウナギのうまみを吸収したあつあつのごはんは、とても美味しい。
せいろ蒸しというだけあって、うなぎはふんわりとして、ご飯はしっとりとし、とてもあつあつ。
最後まであつあつだったのが印象的でした。
とても美味しいせいろ蒸しでした。

m-DSC01404
m-DSC01413
m-DSC01415
m-DSC01420
m-DSC01429
m-DSC01434



(感想)
上せいろ蒸しを食べて2865円
風情のある柳川で食べた、本場のせいろ蒸し。
せいろを使うことによる良さが、全面にでている、とても美味しいせいろ蒸しでした。
柳川には、いろいろなウナギ屋さんがあります。違いを食べ歩いてみたいですね。



若松屋 (わかまつや)
http://ww22.tiki.ne.jp/~wakamatuya/
TEL 0944-72-3163
住所
福岡県柳川市沖端町26
営業時間 11:00~19:30
(売り切れで終了)
定休日 水曜日

スポンサードリンク