9か月振りに祇園MAVOさんへ行ってきました。
今回もすごかった!!
MAVOさんは自分にとってベストレストランで有る事を確信した夜でした。

祇園 MAVO
八坂神社の喧騒から一転して静かな祇園。この独特の雰囲気がとても好きです。
s1-DSCF4865

立夏
薄茶 宇治白川 辻喜代治氏

碾茶品評会全国一位、農林水産賞八度受賞の日本茶。
お茶の香りとふんわりした口当たり、旨味を感じるすごい日本茶。
s1-DSCF4910


アスパラガス 空豆 飛鳥の蘇
アスパラのフリット、空豆、飛鳥の蘇を上のお茶といただきます。
空豆の香りが印象的、初夏の薫りを楽しみました。
s1-DSCF4881
s1-DSCF4890


はじまりはたまご
マティエール時代から続くはじまりは卵。
とろっとした卵黄に、いくら、魚醤、クルトン、この時期は初夏らしくいろんな豆が入っていました。これから始まるコースへの期待を増す、テンション上がる一皿。
s1-DSCF4925
sDSCF4939


パテドカンパーニュ 子羊
16年ぶりに輸入が解禁されたシストロン産子羊と大原の野菜。
13日の熟成により旨味が増したパテ。鼻から抜けるシストロン産子羊の良い香りがとても心地よい。
s1-DSCF4987


坂越牡蠣ファイナル
赤穂坂越の牡蠣の最終です。
旨味の強く、大ぶりの牡蠣をフリットにした一皿、仕上げにワインの搾りかすのスプレーをふりかけ香り高い一皿にします。
牡蠣の旨味がすごい一皿。
s1-DSCF5022
s1-DSCF5010


豆とサーモン
スモークサーモンにランド産白アスパラ、上には胡麻とパルメザンを焼いたもの。
旨味のすごいスモークサーモンを、ランド産の白アスパラと食べたり、パルメザンと食べたり、初夏らしい豆と食べたり、いろんな食べ方でいろいろな味を体験できます。本当に美味しい一皿。
s1-DSCF5073
s1-DSCF5097
s1-DSCF5115

本当にすごいスモークサーモンでした。
s1-DSCF5112


黒鮑 ”笹舟”
日本酒で炊いた黒鮑を、この時期らしい笹舟に載せています。
キモソースの旨味、ほのかなバターの香り、黒鮑の食感・旨味を、山椒がピリッと占めます。実に京都らしい、そしてとてもとても美味しい黒鮑でした。
s1-DSCF5166-001
s1-DSCF5154



大原野ヴルーテ ”初夏” フィナンシェ添え
春から初夏が旬の豆を使用した冷製スープとフィナンシェ。大原の豆は力強く、大地の力を感じる事ができる。フィナンシェと冷たすぎないスープの温度により豆の力強さがよく伝わります。これから来る夏を感じる事ができるスープ。
s1-DSCF5187
s1-DSCF5217



乳殺菌発酵カサゴのポワレ
三種のアスパラを添えたカサゴのポアレ。計算されつくした火の入り方がとてもいい。その完璧な火入れと発酵されて旨味がたっぷりのカサゴの料理がうまくない訳がない。
s1-DSCF5256
s1-DSCF5247


京都平井牛のタルタル -命のゼリー -
平井牛のタルタル。コンソメのゼリーは平井牛の旨味がたっぷりと入っている。ジュンサイとホワイトバルサミコ酢の爽やかさら初夏を感じる。
s1-DSCF5331
s1-DSCF5346


Château de Beaucastel Rouge シャトー・ドゥ・ボーカステル・ルージュ
メインは16年振りに輸入が解禁されたシストロン産の仔羊。その上質な肉に合わせるのはChâteau de Beaucastel(別料金)。この様な上質なワインを組み合わせる選択肢を用意してくれる事がすごい。
ペアリングワインは好きだけど、未熟な自分には記憶に残りにくいという問題点があった。アンカーの役目をする上質なワインがある事で、ペアリングワインの印象がぐっと上がる。
sDSCF5367


シストロン産子羊/浄化
松ぼっくりで浄化される仔羊。上質な脂の感じがたまらない。
sDSCF5355

最近火入れは炭にしているという。そんな炭で入る火入れは手放しに褒めるしかない。ロゼ色に輝くシストロン産の仔羊は、美味しい芸術。鼻から抜ける良いところしかない仔羊の香りは、とっても素晴らしい。
s1-DSCF5460
s1-DSCF5421

本当に最高の火入れです。
s1-DSCF5409



薫りの記憶:薔薇と生姜
シストロン産仔羊の余韻を楽しむ中、やってきたのは定番のバラと生姜のフィナンシェ。薔薇の香りと生姜の鮮烈な味がとてもいい。
sDSCF5511


dessert 京都宇治2017 新茶
最後はKashiyaさんのデザートと新茶のセット。最近は珈琲ではなくお茶にしているそうです。確かにKashiyaさんには旨味がすごい新茶がとてても良く合います。
sDSCF5542


(感想)
今回もすごかったです。
素材、火入れ、提供される時の温度、驚きや自然に感じる食材の組み合わせ、西村シェフのすごさを堪能したディナーでした。
やっぱり自分にとってベストレストランです。
夏を前に、暑くもなく、寒くもないこの季節はとても過ごしやすい季節。しかし、レストランにとっては季節の挟間でとても難しい季節。その難しいながら、春の終わりと、これから来る夏へのワクワクを感じる事ができる料理、その季節感がすっと自然に入ってくるコースの流れは本当に素晴らしかったです。
本当に次回がまた楽しみです。
本当にすごいディナーでした。


祇園MAVO (ギオンマヴォ)
TEL 075-708-6988
予約受付時間(完全予約制)
9:00-11:30、15:00-18:00、22:00以降
住所:京都府京都市東山区下河原通上弁天町440 舞風館 1F
営業時間
ランチ  12:00スタート
ディナー 19:00スタート
定休日:火・水曜日
HP
http://cuisinelamatiere.wix.com/mavo
facebook
https://www.facebook.com/mavo.gion


























スポンサードリンク