【フレンチ・ランチ】カンテサンス Quintessens

フレンチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランチですがカンテサンスへ行ってきました。

今日もまず結論から。

「すごいです。ほんとにすごいです。絶対にディナーで再訪します」

岸田シェフって天才ですね。塩辛くないけどしっかりと塩の味がする絶妙な塩加減。

火の入れ方なんてホント完璧でした。

Gourmet777のブログ カンテサンスです。広尾にあり周りは有名店ばかり、ブラビゾンってビルの1階にあります。

カンテサンスはとにかく予約取りにくかった。。。

予約開始は9時半からですが、とにかく電話がつながらない。。。。

100回ぐらいリダイアルしたとき、ふとつながりやっと予約できました。

しかも、その後はリコンファームを要求。なんて横柄なメラメラとおもいながらも指示にしたがいました。

さて当日ですが、カンテサンスは個室以外写真禁止なので、後は僕のつたない文章でつらつらと書いていきます。

昼は7350円 シェフのお任せ一つです。

3品の前菜に魚、肉、デザートが2品の構成です。

本日注文したのは

まずは食前酒

妻はジンジャエール、僕は白ワインを注文。ソムリエに好みを聞かれて、甘めだけど爽やかな白ワインをと注文。するとアルザスの白ワイン マーククライデンヴァイスを薦めてくれました。これがうまいアップやるなカンテサンスと思った瞬間でした。

①トマトの透明なスープ

まあ、透明なのにしっかりとしたトマトの味。まずまずです。

②オリーヴと山羊のヴァヴァ 

これはカンテサンスのスペシャリテです。爽やかなオリーブと百合根、ナッツ、塩加減まさに完璧です。爽やかな一品でした。

③青柳の貝柱とブルターニュお菓子風

なんか名前はめちゃめちゃですが、ブルターニュのお菓子を料理にアレンジし上にはハーブやアンチョビで味付けした青柳の貝柱がのっています。これはうまい!左から右に移っていくなか味が微妙に変わっていき面白いです。

④まな鰹

これは火の入れ方完璧!味の表現力のないぼくが書くとカレー風味ですがもっと複雑な味です。あと火の通し方が完璧で大変美味しかったです。

⑤豚料理

これも名前は忘れました。こちらも火の入れ方が完璧、塩加減完璧。すべてが完璧です。

⑥ココナッツとピスタチオ、エスプレッソのデザート

甘く冷たいココナッツのブラマンジェが美味しいです。

⑦メレンゲのアイス、ブルターニュの塩を振りかけて

メレンゲアイスもスペシャルです。非常にキメの細かい塩が甘みをいっそう増します。おかわりしたいぐらい美味しかったです。

会計をすませて帰ろうとすると岸田シェフが挨拶してくれます。

ほんと若いですね。天才って彼の事をいうんでしょうね。

総評

結局2人で約2万2千円。

カンテサンスに行く前は

①なんでこんなに電話つながらいねん。②つなげようとする努力してるのか③なんでわざわざこちらからリコンファームを④なんで写真とったらだめやねんなどいろいろ思いましたが、

行ってみて大きく心変わりしました。

うまい!岸田シェフ天才!サービスの方も丁寧!なんていい店だ。。。。

さすがにこのレベルになると予約とるのも大変だし、一般庶民のじゃがりこさんはなかなか気軽にいけませんが、絶対にディナーで再訪します!

みなさんもカンテサンス頑張って予約とれれば行ってみてください。

それだけの値段を出さないと味わえない価値が有ると思います!


タイトルとURLをコピーしました