川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム@川崎 

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

生田緑地で食事をして、その藤子・F・不二雄ミュージアムへと行きました。
ドラえもん博物館、藤子不二雄博物館と呼びがちですが、正確には故藤子・F・不二雄先生のミュージアムなので、藤子・F・不二雄ミュージアムです。

ミュージアムの流れが特徴的なので、流れを書いてみます。
博物館にはチケット売り場はなく、チケットを事前予約しなくてはなりません。
①チケットを公式HPで予約

10時、12時、14時、16時の回があり、入場時間は各回30分間だけです。
(例えば14時の回だと14時から14時30分までが入場可能)
②ローソン ロッピーで発券
申し込んだ時間までの発券が必要なのです。

今回、事前に発券できていなく、生田緑地周辺で発券するつもりでした。
しかし、生田緑地の食事中に調べて分かったのですが、生田緑地近くにローソンはありません。しかも、ミュージアムへの道中にも、ローソンはありません。
とってもあせりました。

同じ様な人も居るかと思うので、下に周辺のローソンマップを添付します。
自分達はローソンLS向ヶ丘遊園駅前で発見しました。
13時57分発券、14時20分藤子・F・不二雄ミュージアム到着。
とってもしんどかったです。。。。
map

ローソン向ケ丘遊園駅前店です。
sDSC07817

藤子・F・不二雄ミュージアムに着いたときにはすでにへとへと。。。。
sDSC07905 (2)

さらに試練が。。。
藤子・F・不二雄ミュージアムは
③ビデオ説明を聞く
④おはなし電話をもらいミュージアム内をめぐる(写真禁止)
⑤ミュージアムを出ると自由行動(カフェ、Fシアター、はらっぱ等)で遊びます。
この③のために、博物館に入るまでがすごい行列なのです。
猛暑日の中、かなりつらい15分間でした。
sDSC07820

ミュージアムをでるとみんなの広場があります。
ここはスルーして、キッズルームで子供と遊びました。
sDSC07898

まんがコーナーを抜けるとキッズスペースがあります。
子供はここで、いっぱい遊び。自分は休息をとりました。
キッズスペースに救われた感じです。
sDSC07822

休憩もとり、カフェ待ちの間、はらっぱへと行って来ました。

はらっぱ
sDSC07836

写真を撮る人で行列です。
中国の人が多かったですね。
sDSC07840

どこでもドアや
sDSC07839

ピー助なんかもいます。
懐かしい。
sDSC07837

パーマン、ブービーもいます。
sDSC07845

さて、お腹もちょっと空いてきたので、ミュージアムカフェへ行って来ました。
ミュージアムカフェの混雑状況ですが、
この日は土曜日、16時ぐらいでしたが、待ち時間は30分程度でした。
携帯電話で順番も見れるし、意外と回転もよく、スムーズだったと思います。
sDSC07843

メニュー
今回は
コロ助マンゴーラッシー 630円
四次元キッズプレート 930円
HAWAIIフェアーから ドラモコ丼 1230円
フレンチトースト de アンキパン 930円
をいただきました。
sDSC07853
sDSC07855
sDSC07858
sDSC07856

コロ助マンゴーラッシー 630円
sDSC07863

四次元キッズプレート 930円
sDSC07870

HAWAIIフェアーから ドラモコ丼 1230円
sDSC07876
sDSC07882

フレンチトースト de アンキパン 930円
sDSC07892

夢をいただくものなので、味の評価は控えます。

(感想)
14時から18時ぐらいまでいました。
ミュージアムには、結構しっかりとしたルールがありますが、絶妙な按配なので、窮屈感を感じることなく、ミュージアムを楽しめたと思います。
カフェは、遊び心いっぱあり、明るく綺麗な店内なので居心地がとってもいいです。
ゲストは、子供連れが多いのはもちろんなのですが、大人だけで来ている人も多かったです。ドラえもんはじめ、藤子・F・不二雄先生の漫画は、どの世代にも愛されているんですね。

最後に、登戸までドラえもんシャトルバスに乗り帰りました。
はしゃぐ子供に優しく微笑んでくれた、バスの運転手さんの笑顔がとっても印象的でした。

藤子・F・不二雄ミュージアム(FUJIKO・F・FUJIO MUSEUM)
〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
開館時間  10時から18時

タイトルとURLをコピーしました