久しぶりにマティエールエフさんに行ってきました。
マティエールさんはしっかりとしたクラシックフレンチがいただけるお店で、最近モダンフレンチが多い中で本当に大切なお店だと思います。
前回行ったのは2018年7月。訪れるたびに進化しているマティエールさんなので、7か月の間でどんな進化があるのかとても楽しみです。


ラ マティエール エフ
西村シェフのマティエール時代からすでに11年近くここに来ています。
自分にとって大切な場所の一つです。
sDSCB4314


ワインメニュー
シェフが飲めないのでワインが弱かったのですが、しっかりとワインを強化していました。お手軽なワインからヴィンテージ物まで充実したワインリストです。
sDSCA0732


山麓豚のリエットと自家製パウンド
最初は自家製リエット。スパイスの効いた山麓豚のリエットがサクッとしたほんの甘いパウンドとよく合います。この甘さからさのコントラスト最高です。
sDSCB4182
最初から美しい一皿でした。
sDSCA0735



牡蠣のエスカベッシュ
ほんのりカレー風味の牡蠣のフリット、そこにはトマトと酢の酸味を利かしたエスカベッシュ。
野菜の甘さと、トマト・ヴィネガーの酸味が心地よい一皿。
ほんのり温かい温度感も素晴らしいです。
sDSCA0747
sDSCA0754



パンは春小麦のバケットと自家製 はるゆたかのパン
春小麦さんのバケットはさすがのクオリティー、一方はるゆたかの全粒粉のパンもずっしりとした重さと小麦の甘味がすごい美味しいパンです。
sDSCA0756



オマールエビのババロア アメリケーヌソース 蝦夷馬糞ウニとホワイトアスパラガス
今回の料理で一番の料理。これは本当にすごかった!!
オマールエビがたっぷり入ったババロアに、濃厚な甲殻類のアメリケーヌソース、そこに蝦夷馬糞ウニ。本当に素晴らしい組み合わせです。これはびっくるすぐらい本当に美味しい!本当に感動した一皿でした。
sDSCA0776
ミョウバンなしの蝦夷馬糞うに。
濃厚な甘さが素晴らしい。
sDSCA0770


小田原産カブのロースト バターソース ビアンケットトリュフ添え
ローストしたカブ。ほっこりとローストしたカブにたっぷりとビアンケットトリュフがのります。このトリュフが香りいい!バターソース・トリュフ・カブの甘味が素晴らしい一皿です。
最近はカブの持つすばらしさを知ってもらうために、結構出しているみたいです。
カブのすばらしさに出会える一皿です。
sDSCA0777
ほっこりと焼き上げたカブ。さらに葉の部分のしっかりローストされた部分を合わせることで香ばしさも感じることができます。
sDSCA0808



鯖のスモーク ビーツのソース
次は鯖のスモークとビーツのソースの一皿。ロマネスクのピクルスやワサビ菜、サラミなどが添えられており、合わせ方により幾重にも変わる鯖の美味しさを感じることができます。
sDSCA0811
スモークされた鯖。本当に素晴らしい。
sDSCA0824


サツマイモのスープ コーヒークリーム
こちらは濃厚なサツマイモのスープ。サツマイモの甘味に珈琲のクリームソースがよく合います。やっぱり濃厚なスープは最高ですね。前にでた冷菜との味、温度のコントラストが素晴らしい。
sDSCA0844



真鱈のソテー 白子のベニエ レモンバターソース
この日は真鱈のソテーと白子のベニエ。この日二回目のバターソースですが、レモンソースとなっていており、雰囲気が全く違うものです。これもまたすごく美味しい。sDSCA0874
脂がのりとっても美味しい鱈
sDSCA0879
sDSCA0878
ベニエも衣はカリッ、中の白子はとろっとしいて美味しいですね。
sDSCA0857




雉とフォアグラ モモ肉包み 山椒の赤ワインソース 
この日のメインは雉です。そのもも肉の中にフォアグラ、内臓などが入っています。それを濃厚な山椒のソースでいただく。しっかりとしたジビエなのですが、香りは嫌な感じではなく、むしろ旨味を感じるものです。添えられる根キャベツ、ポテトとの組み合わせもとってもいいです。
ただ、ジビエなので苦手な人は苦手かも。癖ある料理が苦手な人は、予約の時にリクエストしたらいいと思います。
sDSCA0888
芳醇なうまみのつまった料理です。
sDSCA0906



アップルパイとバニラアイス
最後はアップルパイとバニラアイス。
どうしてもパイ包みを一皿入れたいということでこの日はアップルパイでした。
サクッとしたパイの旨味が素晴らしい一皿。
デザートまで大変満足です。
sDSCB4303
sDSCB4307



珈琲とお茶菓子
最後は珈琲とお茶菓子。このお茶菓子もすべて自家製です。
特にピスタチオのチョコがとっても美味しかった。
sDSCB4312


(感想)
6500円(税抜き)のコースにグラスワイン3杯をいただいて9500円ぐらい。
これが1万円以下でいただけるのは驚愕のコスパだと思います。
久しぶりのマティエールエフでしたが、この数か月でさらに料理一皿一皿の手間が増え味の広がりが広がった様な気がします。中でもオマールのババロア アメリケーヌソースはすごかったな。甲殻類の濃厚なうまみが本当に素晴らしい、本当にすごい一皿でした。
さらに、今回はうまく表現できませんが、濃厚な味を基調としながらたまに入るコントラストが素晴らしく、コースの流れがとっても良かったと思います。
また次回が本当に楽しみです。
小田原城山にある静かなフレンチレストラン ラ マティエールエフ。
本当にお勧めです。



ラ マティエール エフ (la MATIELE f)
http://www.odawaramatiere.com/
TEL  0465-24-5512
神奈川県小田原市城山4-1-11
営業時間
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~20:30
定休日
水曜日(不定休あり)





スポンサードリンク