【小田原グルメ】ラ マティエール エフ(la matiere f)@小田原城山(フレンチ ディナー)2016年4月

小田原グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜が満開となった4月の小田原。
ちょっとづつ暖かくなったこの季節に、ラ マティエール エフさんへディナーで行ってきました。
最後に行ったのは2015年8月
https://gourmet777.com/archives/1036405497.html
実に9か月ぶりです。

今回も、素晴らしいディナーだっと思います。
昨年の8月もとっても良かったのですが、さらに一皿一皿のクオリティーが上がったような気がします。
もちろん、今回も 【小田原グルメ】です。

ラ マティエール エフ
オープンから間もなく2年経とうとしています。
2年間続けた美濃井さんの努力が、お店をどんどん良くしてると思います。
それは、お店の香だったり、空気感だったり。。。
五感で感じる部分なので、うまく表現できませんが、いいお店になってきていると自分は思います。
sDSC01290

ピンクの花が一輪あるだけで、お店の雰囲気が春めいている感じがします。
sDSC01296

おしぼりにもちょっと演出。
こういう細かな改善が、いいお店と感じさせる起因なのでしょう。
sDSC01293

今回のコースは6500円(税別)
今回もとても楽しみです。

1.玉ねぎのブリュレ チーズのソルベ
濃厚な玉ねぎの甘さにベーコンの香りがとてもいい!キャラメリゼされている表面焦げの風味が良い香りのアクセントとなる。
sDSC01298

2.天然ぶりのタルタル 小田原産椎茸のムース オリーブのタプナータソース
脂ののった天然ぶりのタルタルに、タプナータソースがとてもよく合います。上には椎茸の濃厚なムースと北海道産雲丹。全部をまとめて口に入れた一体感がすばらしい。
sDSC01310

3.箱根山麓豚タンのパテ フォアグラのムース 金柑のコンポート
タンの部分なので、味はどちらかというと淡泊。フォアグラも味のベクトルが同じなので、これだけ食べるとちょっと飽きる。金柑と一緒に食べることをお勧めします。金柑の風味が全体を引き締めとっても美味しくなります。
sDSC01336
sDSC01324

4.北海道厚岸の牡蠣 富山のホタルイカ 自家栽培のキャベツ イカスミの泡ソース
今がまさに旬のホタルイカ、キャベツの甘味が春らしさを感じさせる一皿。厚岸の濃厚な牡蠣がとてもいい。
sDSC01348
sDSC01340

ハルユタカの全粒粉自家製パン
実はかなり美味しいパン。ハルユタカの香りと甘味が際立っているパン。
sDSC01358

50円/個でテイクアウトも出来ます。
かなりレベルの高いパンだと思います。
sDSC01522

5.富士トラウトのスモーク ジャガイモのピューレ
スモークされた香りのいい脂ののったトラウトと、西洋わさびが入っているジャガイモ、ロマネスクのピクルスの酸味のコントラストがとてもいい。
sDSC01378

6. 真狩村雪の下ニンジンのポタージュ
濃厚なスパイスの香りただようポタージュ。これもとても美味しい!
sDSC01396

7.小田原産鰆のパイ包み 甘エビのソース
これはうまい!!!!
最近食べたなかでベストの料理です。
脂ののった鰆、椎茸、春菊の旨味をパイ生地が吸収し、パイ包み単体でもとても美味しいのですが。これに合わせる甘エビのソースが絶品です!
いやー本当に美味しかったです。
sDSC01420
sDSC01410

8.洞爺湖和牛のロースト マデラワインのソース イタリア産グリーンアスパラガス フランス産アシカサ茸
またまたブランド牛 洞爺湖和牛です。弾力性のあるお肉は、赤身のうまみ、肉自体のうまみを十分楽しむ事ができます。
添えられている野菜たちもとてもいいものです。
sDSC01433
sDSC01450
sDSC01445
sDSC01443

9.小田原産 はるかのジュレ ペルノーのソルベ
はるかの甘酸っぱさを感じる事ができる一皿。
濃厚なマデラの肉料理を食べた後なので、リセットされるようで心地よい。
sDSC01474

10.特製イチゴショート
イチゴにたっぷりとかかるバニラのソースがとても美味しい。
sDSC01483

11.ハーブティー(mighty leaf tea)
最後は、珈琲、紅茶、ハーブティーを選ぶことができます。
ハーブティーは、マイティーリーフ。
最後の最後まで隙がありません。
sDSC01461
sDSC01510

12.小菓子
小菓子も付きます。実は、この黄な粉の生キャラメルは絶品なのです。
sDSC01518

(感想)
6500円(税別)のコースに、白2杯、赤1杯飲んで、約9700円ぐらい。
今回もとっても美味しかったです。
特に鰆のパイ包み、甘エビソースはすごい一皿でした。
クラシックなこの一皿は、最近食べた中でNO1です。

オープンして間もなく2年。
この2年で、本当にいいお店へと進化したと思います。
当たり前の事だけど、「レストランにおける真の努力とは、安さを追求する事ではなく、価値を高める事」だと思います。
マティエール エフは、その努力を体感できるお店だと思うし、だからいいお店になったと感じるのだと思います。

小田原の、本格フレンチ ラ マティエール エフ 
小田原に来た際は、是非どうぞ!

ラ マティエール エフ
TEL・予約  0465-24-5512
神奈川県小田原市城山4-1-11
営業時間
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~20:30
定休日
水曜日(不定休あり)



タイトルとURLをコピーしました