2016年冬 ルネッサンスリゾート沖縄泊 子連れ沖縄旅行記④ビオスの丘(biosの丘)

子供とお出かけ・外食
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルネッサンスリゾート沖縄から車で10分ぐらいにある、ビオスの丘に行ってきました。

子供に「沖縄で何が楽しかった?」と聞くと。
・豚に餌をあげた
・ヤギと散歩した
・水牛に乗った

と言います。
そう、これらがすべてできるのがビオスの丘です。

子供にとっては、このビオスの丘で遊んだことが一番楽しかったみたいです。

自然が今なお隣り合わせにある沖縄だからこそ、学びがいっぱい。
生き物との触れあいや自然・文化・歴史から生まれた遊びは、
子どもから大人まで、「こころ育む自然体験」を体感いただけます
(ビオスの丘のHPより)

沖縄独特のゆったりとした時間を過ごすことができ、動物や自然と触れ合う事ができる、ビオスの丘は、子供にとってとても楽しい所だったみたいです。

ビオスの丘
入園料は  
入園料  大人710円 小人(4歳~小学生)360円
入園料+乗船セット 大人1230円 小人(4歳~小学生)720円
です。今回の目的が水牛車に乗る事だったので、入園だけを買いました。
sDSC02183

湖水鑑賞船と水牛車の出発時間
それぞれ30分間隔で出発します。この様に定期的に運営されているのは、このビオスの村だけみたいです。
sDSC02190

園内には洋ランがいっぱい。
南国らしくとてもきれいです。
sDSC02188
sDSC02192
sDSC02194
sDSC00978

洋ラン+鶏
だんだん動物が増えてきます。
sDSC00870

広場には、木製の遊具もあり、大人も思いっきり遊べます。
sDSC00868
sDSC00877
sDSC00889
sDSC00879

触れ合える動物
山ヤギ(左)、ミニブタ、アグー豚がいます。
sDSC00888

餌(ニンジン)
ヤギ、豚用の1カップ100円のニンジンがあります。
(子供は餌やりに夢中でした)
ミニブタに餌を寸止めであげると、芸をするそうです。
sDSC00959

山ヤギ
沖縄ではヤギの刺身もあります。好き嫌いが分かれます。(by水牛のお兄さん談)だそうです。
sDSC00963

アグー豚
ずっと寝ていました。水牛のお兄さん情報によると、豚は綺麗好き。掃除しなくても床はピカピカだそうです。確かに綺麗ですね。
sDSC02208

山ヤギの散歩
散歩できる山ヤギが2匹います。
sDSC02214
なかなか生意気なヤギたちでした。
sDSC02260

水牛車への乗車券は、この東町屋で購入します。
sDSC00886
目の前には、水牛乗り場があります。
sDSC00884

時間になると水牛がやってきました。
今回は4歳の「のぞみ君」と写真のお兄さんでした。
sDSC00907

こんな感じで園内をゆっくりとわまります(次の回の写真)
沖縄の話、水牛の話、ビオスの丘の話、動物の話。
どの話もとても面白く、大人の自分もとっても楽しみました。
sDSC00961

次の回の水牛。
年齢は角に比例します。この立派な角をもつ水牛が、ビオスの丘でもっとも高齢の水牛らしいです。sDSC00972

帰りは西町屋でそーきそばと沖縄そばをいただきました。

西町屋
sDSC02272

メニュー
sDSC02271
sDSC02281

沖縄そば(左 650円) そーきそば(右 750円)
sDSC02282

沖縄そば(豚の三枚肉が入っています)
sDSC02288

そーきそば(骨付きのバラ肉)
sDSC02283

どちらも美味しかったです!
そーきそば(沖縄そば)共に、あまり食べなかったのですが、なかなかいいものですね!子供も食べやすく、子供もとてもよろこんでいました。

Biosの丘 子連れ沖縄旅行ではとってもお勧めの場所です!

ビオスの丘
公式HP 
http://www.bios-hill.co.jp/

住所 沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
TEL 098-965-3400

営業時間
9:00〜18:00 ※入園 17:00まで

定休日  年中無休


タイトルとURLをコピーしました